asa-log


あれやこれやそれやどれや。何でも書こう。
by sunrizeasahi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:祝( 19 )


新年愉快

どーもー明けましておめでとうございます。

とは言ったものの、この「明けましておめでとう」この言葉は今日日本中で一体どのくらい用いられたのだろうかね?自分だけでも恐らく20回くらいは使ってる気するし。


まぁ、2006年になったわけだけど、2005~2006の年越しは、高校仲間達とメモリー消すか飲むかみたいな全く生産性のないゲームをやりながら飲んだくれ、その後初日の出見にサンシャインまでいったのに、60階でみんなで寝て、気付いたら終わってる(つか実際は厚い雲に覆われて見られなかった)なんて時間を過ごしてたわけですが、みなさんはどうでしょうか?



って、気付いたら2006年っすよ。
2006年といっちゃあ、そう、W杯いあー。
つまり6月~7月はえらく寝不足になることが必至なのであります。


けれどね、けれどね、その時期っていったら、まさに内定先の研修真っ最チュー。
間違いなく寝不足の研修生活を送りそうだや=真面目に研修してる自分が想像できね。
待て待て、研修がワールドカップとかぶるってことは、つまりおれは今年からついに社会ジーン。あいやー参った参った。

何かの手違いがないかぎり、ランドセルを背負ってえっちらおっちら通い出した小学1年生の頃から数えて、15年間の学生生活が終わっちゃうわけだ。


うわっきもっ!
スーツ毎日着てる自分なんざ、今の遊びまくりすてぃの生活からは考えらんね。
だからきもい。



いや、待てよ待てよ、それはまぁ4月からの話であって、この1月の間に何か山積みに残されているもんがあったような・・・

saysaysaysay、それは卒論というやつに間違いないよあんた。アブスト完成まで、あと19日、最終提出まであと24日。ハタシテオワルノカ。

さらにさらに、この1月中に通信講座取得必スウじゃありませんでしたっけ。
ありゃびっくり。
お酒の誘惑と、次の日襲われる激しい二日酔いに毎度毎度やられて、三日坊主状態と言っても過言でない説。
他のみなさん方はきちんとやられてるんだろうな・・・。
あいやー。イチガツシンジャウヨー。
けれど書くことは実行すること。
必ずやります。

ウイニングイレブンを



まぁ、こんな感じで今年も始まるけど、今年こそはググッっと大人な男になんてなってみよーかなーなんて思いながらやっていきたいと思いますので、去年お世話になった方々をはじめ、まだお世話になってない方々、まだお会いしてないけど今年知り合いになっちゃう方々、よろしくお願いします。
[PR]

by sunrizeasahi | 2006-01-01 22:52 |

貘之會

日曜日に行われた試合vs慶應理工。
結果は29-21で勝利!


これでおれらの代もついに引退。
自分としてはここ最近急激にサークルの結束が強まっていっているのを感じている分、まだ引退したくねーなーって気持ちがやけに強い。
できるのであればあと1年、いや半年でも。。。だなんて思いながら引退していったOBの方達も後を絶たないんだろうな。
自分もまさにその一人だわ。


思えばこの1年間はやけに濃かった。
部員数の問題、キャプテン問題、春に格下チームに負けてチームワークが滅茶苦茶に分離したこと。
合宿に行けるかどうかもわからなかった時期もあった。
けど色々ハプニングがあったこの1年間だけれども、何とか切り盛りしながらサークル運営を行い、最終的におれたち4年生に有終の美をプレゼントしてくれた幹部の後輩に本当に感謝を述べたい。
来年こそは25日に決まる新幹部を支えながら、俺達の代でもあと一歩で成し遂げられなかった昇格の目標を果たして欲しいと思う。
この1年間だけでなく、一緒に頑張った3年間本当にありがとう。


後は数回の飲み会と、1回のOB戦を戦い終えると、自分が参加する全体的なサークル活動にも本当の終止符が打たれるわけだけど、恐らくこの先二度とない4年間という限られた時間の大学生活において、貘之會というサークルに属し、アチー仲間達と出会って過ごせた思い出、この全てが楽しかった!全てが最高だった!


貘之會。
最高にいいチームだよほんと。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-11-21 22:59 |

22

つい先日また年をとりました。
メールをくださった方、祝ってくれた方、生んでくれた両親、ありがとうございました。

ま、年をとったといえども、体や心境には何ら変化なんてものはないわけであって、今のとこ変わったと実感できるのは年齢のみ。
まぁ、大学入りたての10代の頃を考えるとだいぶ年がたったなと感じるわけであって。そりゃあ4年も経てばねぇ。
4年か・・・。「色々」って言葉で片付けられないくらい「色々」あったな。


来年、また年をとった時は一体心境の変化なんぞやはあるやら。
とりあえず1年後は置かれている身分自体がガラっと変わるわけだし、誕生日が何か一つのきっかけになったりもするのかと、ちょっと期待したりしてる。


この歳の1年は、あらゆる意味でキーになる歳だ。
卒業=終わりの歳でもあり、門出=始まりの歳だからね。
ほんと人生の中でも大きな分岐点になるこの歳に、悔いとか過ちとかなんて起こしたくなんてなーい。

「ぬくぬく」と過ごすんじゃなくて、「のびのび」と思いっきり楽しんでいく1年にしよー!うっきゃー!
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-09-22 20:24 |

1周年

今日でブログ開設1年。
総レポートは今件で113件。
約3日に1回のペースで投稿していることになりまっさ。
まぁ山あり谷ありだったけど、よく続いたなというのが率直な感想だね。


思い返す、開設当初の1年前。このブログはただの時間つぶしのツールに過ぎなかった。
就活中。このブログは自分の考えをまとめたり、就活状況を綴ったり、本の書評とかをやけにしていた気がする。


1年後。果たしてこのブログはどんな位置づけとして書かれているのか。
つか、ブログを書いているのか?というのが大きな問題になるわけだけど、某先輩のブログがめっきりと更新しなくなっているのを見るに、やはり自然と減っていくものなのかね。

むむむ。


けど学生の時なんて、時間もやってきたこともすっげーたくさんあるし、自分の場合人生で一度っきりだと思う。
だからその分一つ一つの事柄について、何をしてどう思って、何を感じてこれをしてっていうことを書けたら、きっと将来振り返った時に、どれだけ懐かしいことなんだろうか。

いつの日か、ここに残した文字を頼りに、学生という特別な時期に生きた自分の記憶を鮮明にさせていくためにも、この残り少なくなっていく学生期間、とりあえず書けることはどんどん投稿していこう。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-08-04 09:52 |

ようやく

免許が国家権力にぼっしゅーとされてから早二年。
8月1日という夏真っ盛りなこの日に、ようやく無免許の状態を脱することができました。
これからは自分もドライバーの仲間入りです。

自分より後に入校してきた後輩達が、ぞくぞくと先に卒業していったこの10ヶ月に及ぶ教習生活も思えば長かった。

全く言う事の聞かないMT車の運転操作との葛藤から始まり、顕著なほど記憶力低下のが表れた学科試験への暗記。
また、職員への苛立ちから発生した4ヶ月に及ぶ不登校期間。
そして親のプレッシャーを気にせず悠々としていたら、気づくと仮免許失効一週間前になり、なんとか二日前に教習学校卒業したこと。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

わるかなかったね、うむ。
まぁ恐らくペーパードライバーの道を辿ること間違いないな。

どうやら昨日兄貴の車が納車されたらしいから、無理だと思うけど練習させてもらうかな。
っかあの年でマイカーにマイホームってなんだYO。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-08-01 19:27 |

Happy Wedding!!

今日は我が姉ちゃんの結婚式。

うちの姉ちゃんは男勝りな気質で気が強く、数年前まで運命の人なんかに出会うにも至らず、おれと会うたびに「先に結婚するんじゃないよ」とか「兄弟の結婚の順番はきちんと守るようにね」とちくちく言ってきたそんな彼女だけど、ひょんな出会いをきっかけに、ラブストーリーは突然にやってきたらしー。


おれにとって姉ちゃんは、家族の中でもかなり特別な存在。
というのも、自分が反抗期真っ最中だった中学生の時には家庭教師をやってくれたり、就職活動の時はおいしい食事をご馳走してくれたりと、自分のよき理解者・相談役となってくれていたからね。

そんな姉ちゃんな結婚式なわけだから、兄貴の結婚式とは違ってだいぶ現実感が強く、自分でもびっくりするくらい感動の度合いが違った。

バージンロードを父さんと一緒に歩んでくる姉ちゃんの姿を見て、まず感動の涙がブワっとくる。
誓いのキッスを交わしている時も、恥ずかしさ云々よりもまず感動が。

そんな感動続きの挙式も順調に終わり、外で集合写真を撮ろうと待つ友達の元へ行く新郎と新婦。その幸せそうな姿といったら、何とも言えません。言えませんが癒えます。

b0007458_14443710.jpgこんな幸せそうな表情を浮かべる姉ちゃんの姿は、おれが21年間生きてきてほんと初めて見たわけさ。

やっぱ結婚式というものは、すんばらしいくらい幸せな式なわけなんだね。
肌身を通して感じた。



集合写真後に開かれた披露宴が終わると、舞台は親友を集めた二次会@スパイラルビルに移る。
そこで待ち受けていたものは、二人の親友100人くらいと、その会の最後のイベントとしておれが姉ちゃんに手紙を読むというもの。
このイベントは4日前くらいに兄となる誠さんからお願いされた極秘イベント。
最初連絡がきた時は、戸惑いと同時に既に泣きそうになってしまい、手紙を書いている時もところどころで泣きそうに。。。
本当に泣き虫であることを実感。


誠さんの親友の司会の元、二次会はおもしろおかしく進んでいき、ついに締めとなるイベントに。
ついにおれの出番だと、緊張するあまりか、最初は手が振るえ声が振るえもしたけど、おやっ、気づいたら涙が出てくるじゃないですか。
その後は待ってましたーとばかりに涙が溢れてきて、えんえんと泣きながら手紙を読んだとさ。ちゃんちゃん。



さーて今日わかったことだけど、
・姉ちゃんは幸せという現実
・自分は泣き虫という事実
・銀行マンはむちゃくちゃ飲む、飲まされるという実態
ですかね。
そんな今日は本当に幸せな日だった。


誠さん、そして姉ちゃん、いつまでもお幸せに。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-07-30 23:08 |

100件目

去年8月、当時暇すぎた状況を打破するために始めたブログ。
まったく書かなかった時期や一時就活日記になったりと、紆余曲折をたどりながらも本記事で記念すべき100件目を迎えた。


100件か。
よく書いたもんだ。自分でもこんなに続くとは思わなかったけど、なんだか書いているうちに楽しくなっていったのも事実。
また「書くことは実行すること」という感覚も大事にするようになったと思う。

まぁ恐らく学生っていう自由な時間をむちゃくちゃ過ごせる身分であるからこそ、こんなにいっぱい書くネタなんかもできたし、100件もの間に何のネタ探しにも困らずに書けたんだと思う。
読み返すだけでも、こんなことあったなー結構自分色濃い生活送ってんだなーと感心する。

だけど、これもそれもほんと周囲の環境のおかげだと思う。
自分だけだったらこんなに濃い生活や価値ある就職活動は送れなかっただろうし、もしかしたら確固たる考えや価値観も確立していなかったかもしれない。
だからこの100件の記事は、自分がブログを継続したことで生まれた価値なのではなくて、自分を取り巻く環境や周囲の助け、それを大事にしてきた大事にされてきたことの表れなんだと思うな。まさにpriceless。

けどせっかくこんだけ書いたんだから、暇になったらテキストマイニングとかして自分の口癖とか、どんな人間かだなんてゆー自己分析をしてもおもしろいよね。
よく自己分析は就活する上でのツールってゆわれるけど、自己分析ってたぶん生涯・日々問われるんだと思うんだよね。だからこのブログも閉鎖することなく、しぶとく残っていくことを軽いマニフェストとして締めたい。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-06-18 18:27 |

オドロキーノハッピーセット

 今日という今日は、驚きと幸せの連続だった。

 とゆーのも、甥っ子の侑君に会えた。
侑と会うのは一ヶ月ぶりだったし、「ママー」って叫ぶようになってるのには驚きだったよね。


 とゆーのも、家族と兄弟の彼氏彼女+侑、合計9人で食事ができた。
家族全員で会えることすら滅多にないのに、さらに彼氏や彼女が来てくれたからね。あの姉ちゃんが両親に彼氏を披露するってことは、驚きだったし何だか幸せだったよね。


 とゆーのも、姉ちゃんの彼氏が思った以上に気さくな人だった。
一応2ヶ月前に会った事があるけど、その時は緊張しすぎてあんまり話せなかったし、そもそも立ち話で5分くらいしか話せなかったしね。こういった人を姉ちゃんが好きになるのかーってことは驚きだし、やっぱ兄弟が恋愛していることは幸せだよね。


 とゆーのも、夕食を両親とおれら2人の4人で食べれた。
家族の用事も終わったことだから、今日グランドオープンしたばかりの大宮へ2人で行って、ちょうど休んでる時にばったり両親に会ったのは驚きだったよね。その後、両親と夕食を食べて4人で楽しい時間を過ごせたのは幸せだったな。

 

 けど、なにより、なによりもの驚きと幸せは、姉からでた一言。







「私達結婚するんだ」


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・



 えええええええええええええええええええ???!!!!!!
 

 って叫ばんばかりに仰け反ってしうほどの驚きだったね。いいリアクションしたと思う。Congratulations、姉ちゃん!あんなにいい笑顔をしていた姉ちゃんを初めて見た。いい奥さんになるんだよ。


 <家族>が増えること、それは驚きでもあるけど、何て幸せなことなんだろう。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-03-05 22:57 |

誕生日

昨日9月20日をもって21歳になりました。

同じ日に誕生日を迎えた有名人の方々。
麻生太郎(1940年生) 村井国夫(1944年生) 小田和正(1947年生) 
一青 窈(1976年生) 安室奈美恵(1977年生) 杏さゆり(1983年生) 他

みなさんおめでとうございます。

また9月20日はこんな日。
「バスの日」
「空の日」
「お手玉の日」

みたいです。実にいい日ですね。


そんな日に迎える21回目の誕生日。スポーツ観戦に、買い物、さらにばったり会った年上の後輩にも祝ってもらえてよかよか。メールをくれた方々もありがとうございました。

うん、まーでもいろんな意味で疲れた日でもあった。
・・・。

そろそろ寝よっと。
[PR]

by sunrizeasahi | 2004-09-21 06:13 |