asa-log


あれやこれやそれやどれや。何でも書こう。
by sunrizeasahi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


浮かれすぎ注意報

一昨日某企業からの最終面接合格の電話がきた。次回は恐らく意思確認。
支えてくださった関係者各位様、本当にありがとうございました。

まぁこれで何とかホッと一安心できたのは事実だけど、まだ選考が進んでいるところが1つ。この1つをきちんと終えるまでは、今浮かれているわけにはいかないわけです。


しかーし昨日のOB戦後の飲み会ではだいぶ浮かれてしまい飲みすぎた結果、記憶とばしーの吐きまくりーのしてしまった。ご迷惑をおかけした皆様、申し訳ありませんでした。

浮かれ気分はここまでにして、再び気持ちを締め直そうじゃないか。
ここで浮かれすぎてしまっていたら、自分の視野を広げられる大切なこの時期を台無しにしちゃうからね。それだけは避けたい。最大限に有効活用していこー。

そのためにも「重心を下げろ」というモットーを再び自分に言い聞かせて、取り組んでいこうじゃないか。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-30 22:08

正念場

周りの就職活動状況を見ていると、どうやら4月の初旬あたりが就職活動のピークなわけだけど、おれの場合はどうやら今週がピークなわけです。
5日連続で面接&筆記。このうち山場が三度ほど。

その一度目の山が明日というか、後9時間でやってくる。
あれやこれや考えていると、今から緊張して眠れないときたから困ったもんだ。
うーむ。


この怒涛の1週間。
その最後に待っているのはサークルのOB戦。そして飲み会。
それまでにはお酒が飲めるようにしていたい。いや、する。
閉じている自分をOBの方に見せたくないからね。
そのためにも全力疾走あるのみだ。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-26 01:35 | 就活

初体験

今日は御徒町で某ゲームメーカーの筆記試験。
これまでいくつかの試験を受けてきたけど、ここの試験はこれまでになかった内容だった。まさに初体験。だって英文和訳に800文字の作文があるんだし。。。
結果はどうなるやら。合否の結果まで2週間も待たなければぁならんといけんとです。
ほんとほのぼのしてるなぁこの会社は 笑。けど、そこが魅力。

さて、筆記も終わって御徒町付近にある、うんめーラーメン屋に行こうか迷いながらウロウロしていたら、パチンコ屋の前でたむろしていた高校の友達とばったり出会う。
まさかまさかの遭遇で最初は驚いたけど、そいつの隣に目を配ってみると、スーツ姿で黒Yシャツのお兄さんがいるわけさ。
おりょりょ、これは三田の友達かね?と思いきや、けど歳は明らかに俺らより上。
どなたですか?と伺ってみると、



「サラリーマンでーす 笑」


( ゚д゚)え? 
こりゃびっくり。だってその時は時間は昼の3時。会社にとってはコアタイムなわけです。
この人物は一体誰なんだ。まさか超売れっ子のクリエイティブの人なのか、まさかサラリーマンと偽ったヤクザなのかと、頭の中はぐーるぐる。


しかし少し話を聞いていくと、ななんと御方は某ディベロッパー業界二位、つまり大企業中の大企業の社員の方じゃあーりませんか。
一体どういうこと?もう自分の頭じゃ整理はできないわけです。


けど、御方が放った次の一言で全ての謎は解決したのです。





「おれコネで入ったからさ、上の人も何も言えないんだよねー」


納得。
こうして社会の怖さと汚さを初めて体験しましたとさ。チャンチャン
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-22 21:43 |

癒し、嬉し、決めたし

今日は某企業の集団面接の後、色々と話し、時間を潰し、その後姉夫婦と飲みに行く。
就職活動の進捗状況を報告することが名目だったけど、結局は2人の馴初め話など、聞いてもいないのに色々と話してくれた笑。
きっと姉ちゃんも話したかったんだろうな。
兄貴も兄貴、母親も母親みたいだからね。怖い怖い。


その飲みの中で、いずれお兄さんになる姉ちゃんの夫から嬉しいお言葉が。

「おれにとって君は初めての弟なんだ。」

お兄さんはおれと同じ末っ子。
だとすると、やはり弟という存在は嬉しいんだろうな。
けど、その言葉を言ってもらえたおれはもっと嬉しかった。
あぁ、ちょっと目頭が熱くなった。
こりゃ結婚式の時大変なことになりそうだ。


さて、もう家族だけでなく、大事な存在からの癒しも得られた。
後は本気で突っ走るだけだ。
かなり状況も佳境に入ってきた。こんな時に甘えや逃げは許されない。


「目標は逃げない」
確かに目標は掲げるもので、逃げるものではない。
けどこれは自分が本気になった時だけに言えることなんだ。
本気になんないと、目標はただの机上の空論にしか過ぎない。
ここが勝負。

まずは内定が決まるまでは酒を飲まないとここに誓う。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-20 01:40 | マニフェスト

ヤバイ

包括的な意味を含みすぎているこの「ヤバイ」という言葉。あまり使わないように心掛けていたがあえて使いたい。

b0007458_051132.jpg
この写真はお馴染み甥っ子の侑君。
もう早いもので生後1年3ヶ月。
まだ言葉は喋れないものの、ようやく歩けるようになり、家の中をそこら中かけまわるわけですよ。
そのかわいさが何とも言えないもんで、そりゃあヤバイヤバイ。


こんなにかわいいかわいい侑君と遊んでいるうちに、今日は泊まっちゃいなよ雰囲気が出てきたもんだから、甘えて兄夫婦の家にお泊りした。
兄貴と2人で酒を交えて話を交わす。こっちとしては、何十年と畏怖していた存在に酌を注がれること自体が初体験なもんだから、ドキドキブルブルしてたわけだけど、就職活動状況の話を聞いてくれたり、色々なアイディアをどんどん兄貴から言ってもらえたことが何よりも嬉しかった。
そして兄貴の発想の豊かさに感服していく自分もいた。
さすが。御見それしました。

また代理店での業務について根掘り葉掘り聞いてみると、その激務っぷりに圧巻させられる、理想と現実のギャップをもろに知る。
そりゃヤバイよDさん。そんなに社員一人に対する負担が大きいなら、絶対数を増やして下さいよ!と言いたいもんだ。だがどうやらそれが社内の体質らしいときたからすげーもんだ。
さすが。御見それしました。

さて、明日は某高給取りメーカーの面接。しかし何をどう考えても、そこがやっていることと、自分のやりたいことの軸が全く当てはまろうとはしない。ただネームバリューと給料の良さに目が惹かれ、筆記を受けにまで行ってしまった感があったことに今となって後悔しているんだから困ったもんだ。
こりゃ、ヤバイな。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-17 00:03

4月13日 曇りのち雨

最近、早寝早起きを心がけている。
1時過ぎには就寝、7時に起床。
なんと中学生・高校生みたいな生活なんだろう。あと食生活さえちゃんとさせれば、お手本となるような健康的な生活になるんだろうが・・・。


さて、今日は久々の授業。とゆーか、今期初めての授業。しかも去年から履修したかった授業をついに受講できそうだから、楽しみったっりゃありゃしない。もう大学行っとこーかな。早めの行動早めの行動。足も速くなんねーかな。

早いといえば、昨日大学で過ごしていた時間も早かった。
気付いたら大学に14時間近くいたわけだけど、全く苦にはならなかったなぁ。
やはり自分のやってることに対して苦を感じてないことも挙げられるけど、何より友達と話したり、共に勉強をできる環境の居心地の良さから、精神的に全く負担にならないんだろうね。
こんな環境に今後も身を置けるんならどれだけ楽しいことか。

よし、大学行こーっと。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-13 08:11

人生・将来

「人生」
それは人が生きる道。この道にはこれまでに何度も分かれ道があった。
受験の時然り、部活を選ぶ時然り、学部選択の時然り。
その分岐点に立たされた時、人は必ず他の選択肢を捨てて1つだけを選ぶ。そして進む。

そう考えると人生とは捨て続けることの繰り返しなんだ。
W高校へ行く選択肢を捨て、バレーボールをやるという選択肢を捨て、法律学部に進学する選択肢を捨て。
けれど、必ず1つの選択肢だけを進んできたということは、自分が歩んできた道を振り返ったとき、その道は必ず一本に繋がっているんだ。

だから自己分析をして、初めて自分ってゆー人間を省みた時も必ず一本の軸ができているんだ。そして自分っていう人間がこういうヤツなんだって自信を持って言えるんだ。




「将来」
将来と未来。同じ意味には見えるが、おれは未来とは書きたくない。
だって未来とは「未だ来ない」もんだから。そんなんじゃあ未来の自分を描いていても、実現できないじゃないか。
けど将来は違う。それが20年後だろうと、5年後だろうと、たとえ明日であろうと、まだ見えない分岐点や、そこに立つ自分という存在が将来だと思うから。
だからいつまでも将来の自分を描いていこう。

つい先日まで、おれはこの将来を描くことが中々できなかった。自分の生きてきた軸さえちゃんとわかっていれば、それは自然と見えてくると思うが、これがまた難しい。
自分は一体何がしたいんだい?あーこんなことしたいよ。こんな存在になりたいよ。え、本当にそんな風に思っているのか?と自問自答の日々が続いていた。

けど就職活動を行っていくうちにだんだんとわかり始めた。将来という見えない分岐点が。そこに立っている自分が。
これだからこそ就職活動は楽しい。そしてそれをわからしてくれた会社は尚楽しそうだ。

ホント、将来の分岐点で選んだ先があの会社であったらどんだけ嬉しいことか。
絶対入ってやる。この熱意本気で伝えたい。
これまでの自分、そしてこれからの自分を。

勝負だ。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-11 22:36 | 冷静

はーるがきーた、はーるがきーた、就活中にキター!

今日は午後から集団面接とGDを含めた選考会の二社。

一戦目の某メーカーでの集団面接。学生6対面接官2。
学生のメンバー構成は順に、やたら中国へ行きたい行きたいと述べる固い男性・あきらかに用意してきた文章を頭の中で読んでいるだけの女の子・某A大学でサッカー体育会FWを務めていた男・やたら挙動不審のW生・自分・元気ハツラツのバスケ大好きな女の子。

質問内容は志望動機やら自己PRやら営業に対するイメージやら、当たり障りのないわけだが、他の学生の内容を聞いているとみんな自己分析してないなーと率直に思った。
以後色々言いたいけど割愛。とりあえず我究万歳。



二戦目。某人材コンサルティングの説明会&選考を兼ねたGD。

まず説明会で事業内容に惹かれ、若手社員の方とのセッションで現場で働く人に惹かれた。噂通りのアツさだ。そこやそこらの会社にはないものを持っているんじゃないだろうかね。もっと社員の方とお話したい。早く代表の方とお話したい。やっべーマジ恋した。

8人一組のGDの方は、ドッカンドッカン盛り上がる最高のグループ。またまた刺激的な他大生に出会えて嬉しい限りだ。自分は任せられた役割もこなし、意見もちゃんとまとめることができたし期待大。

それにしても今回のビビビっぷりは半端ない。帰りの電車中であれやこれやポジティブティンキングが働き、選考が進んでいく自分や、そこで働く自分が頭の中に象られていくとドキドキして汗が吹き出てきた。やっべーマジぞっこんだわこれ。早く相思相愛になりたい限りです。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-09 22:13 | 就活

健康診断

先日は一年に一度の健康診断。
そして今年も緊張して結果を待ったのが尿検査。
だってタンパクが出るか出ないかは、その日もしくは昨晩の行動が判明されちゃうわけだから男にとっては緊張の瞬間。さらに自分の場合、大学1年生の時の実体験が脳裏の思い浮かぶこともあるよね。


懐かしいね。1年生の頃。


当時は何もないと信じて提出したmy尿が、タンパク数値+2をたたき出し体育ソフトコース行きの宣告やら事務室から呼び出しがかかるなど、いきなりのトップランカー入りを果たしたわけだ。そんな珍事をいきなりネタを作り、おいしいと思うあの頃は若かったな。


今年は特に何をやったとかじゃないけど、前日の酒が残っている予感もしたので通知の時は緊張の瞬間だった。
まぁ高まる緊張とは裏腹にあっさり「異常なしです」と言われ、ほっと一安心。



その後順調に心電図を調べ、視力と血圧を計る。

心臓・・・ちょっとした要素が絡みドキドキしたが異常なし。
視力・・・さらによくなる。右1.5 左1.2 (共に裸眼)
血圧・・・計測前に渾身の浣腸が決まり、そのテンションが収まらなかったらしく血圧心拍数共にアップ。


そして身長体重。
男の見栄が働き、少しでも身長を高くしようと気持ち踵をあげる。
ピピピっと計測が終了し、見た数値にニヤリ( ̄ー ̄)
思いのほか高い数値がでたな。

しかーしよくよくその数値を見ると、去年より縮んでやがる( ̄□ ̄;)!!
その差1mm。
去年の自分はさらに見栄っ張りだったのか。この一年間で内面が成長したなと実感した。
その差1mm。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-08 14:15

末っ子万歳

今日はとあるメーカーでの英語テスト&面接。
そこで気付いたこと。
中3の時の方が英語できる説&自分は集団面接よりグループディスカッションより個人面接が得意だということ。
そこで分析した結果、自分は寂しがり屋であることが判明。
もし面接時間が15分だとしたら、その15分間全部を自分のことを聞いて欲しい。他の人に質問をしているのを見ると、まぁ嫉妬みたいな不安を覚えてしまうんだろうね。
あぁ末っ子。


まぁ自分はいつも緊張しー屋で、朝から食事が喉を通らないし、面接室に入室する際には手が震えそうになった。けど、いざ個人面接が始まるとベラベラとしゃべれるわけだ。
面接官の質問に対して、スーっと自分で解釈してからワーと答え、沈黙も嫌だから間が空いたらすかさずベラベラ。うんうんと聞いてくれてる面接官。非常に良い人でよかったよかった。

反省点は何個かの質問に対して、少し抽象的な受け答えをしてしまったこと。具体的に述べることなんていくらでもできたのに。さすがに話しすぎてしまうことにビビってしまったー。そこも末っ子故か。


そーいえば面接中にこんな質問が
「君は~だけど、君は真面目な人なの?」この質問に対して

「真面目な人と言われると少し首を傾げてしまうこともあるんですが・・・ベラベラ」
と応えるわけだ。嘘はついていないよ。
けどその後面接の最後に「御社の現場の良いところはどこですか?」と質問すると、





「うーん、みんな真面目な人だね」

・・・なるほど。。。

正直な受け答えが吉と出るか凶と出るか。末っ子な自分はポジティブな心配性。電話が待ち遠しい。
[PR]

by sunrizeasahi | 2005-04-07 22:43 | 就活